輝きの強いダイヤモンド|他とは被らない世界に1つだけの結婚指輪を見つけよう

他とは被らない世界に1つだけの結婚指輪を見つけよう

フラワー

輝きの強いダイヤモンド

ダイヤ

面の数の多さ

ダイヤモンドは、屈折率つまり光を跳ね返す力の強い宝石です。原石は6面体または8面体になっていることが多いのですが、光を浴びるとそれぞれの面が、光をそのままの強さで跳ね返します。たとえ一方向から光を浴びせたとしても、浴びた面が複数あれば、その光は複数の方向へと跳ね返されるわけです。そのため、面が多ければ多いほど、ダイヤモンドは強く輝くことになります。そしてラザールダイヤモンドは、6面体や8面体の原石を、57面体や58面体にカットすることで作られています。面の数が多い分、光を四方八方に放つので、その美しさからラザールダイヤモンドには高い需要があります。多くの人が、結婚指輪や婚約指輪にラザールダイヤモンドをつけることを希望しているのです。

手入れの方法

ただし結婚指輪や婚約指輪は、日常的に指につけることになるので、これによりラザールダイヤモンドの輝きは徐々に失われていきます。といっても、ラザールダイヤモンドそのものの質が低下しているわけではありません。輝きが失われるのは、使用により汗や垢がラザールダイヤモンドの表面に付着するからです。つまりそれを除去すれば、再びまぶしく輝くようになるということです。しかし、除去のためにゴシゴシとこすると、指輪の台座からラザールダイヤモンドが外れてしまうことがあります。そのため手入れは、汗や垢を拭き取るのではなく、洗浄液ですすいで除去するという方法でおこなう必要があります。除去後は、柔らかな布などで包むようにして水気を吸い取るのです。これにより、ラザールダイヤモンドはもちろん、指輪の台座もきれいな状態になります。